What’s TGJ ?

 

TOKYO GROOVE JYOSHI is a female groove band formed in 2018 in Tokyo by three Japanese session musicians, Emi Kanzashi (keyboard), Juna Serita (Bass) and Yuriko Seki (Drums).
Their producer got opportunity to live in NY for eight years in 1980s and 2010s, and he went to around 500 music live concerts. Especially in late 80s, he experienced creative music beyond genres, and he fell in love with groove music. As Duke Ellington said, “There are simply two kinds of music, good music and the other kind”, he strives to produce TOKYO GROOVE JYOSHI as a powerful groove band with music beyond the generations, genders, and genres. They mainly perform at various music festivals and solo live concerts. Most of the time, they get fully occupied. Since the band is formed, they have been collaborating with other musicians also. They made two music videos and the second video “WHAT IS HIP?” became huge hit particularly outside of Japan. On Juna’s YouTube channel, the video got one hundred thousand views within a month, and now hits 10000 subscribers! This shows that TOKYO GROOVE JYOSHI has been garnering attention.                      

確かなテクニックと骨太サウンド 話題沸騰中の女性3ピース・バンドが繰り出す強烈グルーヴ!TOKYO GROOVE JYOSHI

TOKYO GROOVE JYOSHI のプロデューサーは1987年から6年間そして2011年から2年間、NYに駐在しました。
特に80年代は音楽がジャンルを超えて最もクリエイティブだった時代。
その時体感した新人からレジェンドまで大小500あまりのライブ。知らず知らずのうちにGroove Music の虜になりました。
そんなgroove music を伝えるライブバンドを若いミュージシャンと創りたい!という思いで、ライブハウスやYouTubeでミュージシャンのリサーチを行い、セレクトしてTOKYO GROOVE JYOSHI をプロデュースしました。

2018年9月、金指恵美(Key/Vo)、芹田ジュナ(Bass/Vo)、関優梨子(Dr/Vo)のセッションミュージシャン3人で結成されたGROOVEバンド。「音楽には二種類しかない。よい音楽とそれ以外だ。There are simply two kinds of music, good music and the other kind.」と巨匠音楽家のデュークエリントン。良い音楽(groove music)を多くの人に広めたい!

そんな思いで主に70年代、80年代のJAZZ、R&B/SOUL、POP/J-Pop、ROCKとジャンルを問わず楽曲を選び、ソリスト(ボーカル、ギター、管楽器など)とのコラボライブやサポートも行っています。人種・世代・性別を超えてGROOVE SOUNDをお届けするライブバンドをめざしています。 

 

FACEBOOK / TWITTER / YOUTUBE / INSTAGRAM

 

○主な共演者(順不同、敬称略)
Vocal:CHAN-MIKA、清貴、TiA、木下航志、Rita、ウラン、natchy 、ERI他
楽器他:濵﨑大地、今井晴萌、前田サラ、瀬川千鶴、川嶋志乃舞、MIU、カワコウ、宮野弦士他

 

○バンド経歴
2018年9月結成。初ライブは2018年9月9日
プロバスケットBリーグ KANTO EARY CUPで併催されたフェスのステージ。

Oct 21/2018 SORTETSU LOCK ON MUSICメインステージに出演、観客/関係者の注目を集める。

Dec18/2018 代官山 晴れたら空に豆まいて にて初ワンマン、満員御礼

Jan18/2019 新年初ライブ 渋谷道玄坂 Terraplane、満席

Feb15/2019 渋谷道玄坂 Terraplaneマンスリーライブ、満席

Mar24/2019 モーションブルー横浜にてワンマンライブ、満員御礼

Apr5/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ、満席

May6/2019 東京駅THE FARM TOKYOにてフリーライブ

May12/2019 宇都宮カクテルフェスティバルメインステージにトリで出演

May12/2019 宇都宮老舗ジャズクラブ インダルスドリーム出演、満席

May14/2019 赤坂クローフィッシュにてワンマン、満席

May30/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ、満席

Jun19/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ、満席

Jun20/2019 渋谷Ruby Room出演、満席

Jun23/2019 羽田空港 LDH kitchinに出演 ゲスト:今井晴萌(Sax)

July3/2019 代官山 晴れたら空に豆まいて にて初ツーマンライブ企画実施

July6/2019 代々木公園 earth garden”夏” 2019 メインステージに出演

July13/2019 東京駅八重洲口THE FARM TOKYOにてFREE LIVE

July17/2019 品川駅ライブレストラン Tribecaに出演

July23/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ、満席

July25/2019 麻布十番 EL TOKYOのプライベートパーティへゲスト出演

Aug8/2019 羽田空港 LDH kitchinに出演 ゲスト:RITA(Vo)

Aug28/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ、満席

Sep23/2019 渋谷道玄坂 Terraplaneマンスリーライブ、満席

Oct19/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ

Oct30/2019 TRIBECA(トライベッカ) 品川に出演

Nov3/2019 宇都宮ミヤジャズイン、メインステージに出演

Nov3/2019 宇都宮インダルスドリームに出演 満席

Nov7/2019 羽田空港 LDH kitchinに出演 ゲスト:前田サラ(Sax)

Nov16/2019 結成1周年、CDリリーススペシャルライブ 満員御礼

Autumn in Shibuya 「TOKYO GROOVE NIGHT」 With TOKYO GROOVE JYOSHI feat 木下航志 Guest:前田サラ(Sax)eplus LIVING ROOM CAFE&DINING

Nov24/2019 渋谷道玄坂 Terrapleneマンスリーライブ

 

TOKYO GROOVE JYOSHI MEMBER

Emi Kanazashi 金指恵美

https://youtu.be/AM_V_4O8_eI

金指恵美(EMI KANAZASHI) 1984年生まれ。静岡県出身。

オールジャンルの演奏を行うキーボーディスト。ボーカル。
幼少の頃から習っていたピアノとエレクトーン、高校時代に所属していた吹奏楽部が音楽の基礎となっている。洗足学園音楽大学に進学し、電子オルガンを専攻。卒業後、都内のライブハウスのレギュラープレイヤー(キーボーディスト)として、ロック、ポップス、Jポップ、R&B、などフルバンドでオールジャンルのキーボード及びボーカルを担当している。2016年からは、自ら運営も行うライブハウス、麻布「火曜の夜は」に毎週火曜日出演中。その他、メジャードラマー濵﨑大地のアコースティックトリオ、オールディーズ・ディスコ・ソウルバンド「エルドルフィンH.K」のメンバー。また様々なシンガーのサポートミュージシャンとして精力的に活動を行っている。2017年、企業タイアップのオリジナルシングル「RISM」をリリース。TOKYO GROOVE JYOSHIは初のオウンバンドである。
キーボードの魔術師と称されるフィリップウー氏に師事しておりボブ・ジェームス、スティービーワンダー、タワーオブパワー、スティング、アリシアキーズなどボーダレスな活動を行うアーティストをリスペクトしている。

Emi Kanzashi (Key/Vocals)

Emi was born in Shizuoka in 1984. Her experience of playing piano and electric organ in young age, also joined brass band club in high school made her music career start. She graduated from Senzoku gakuen collage of music with electric organ major. Since 2016, she started working as a performer and co-owner for the live house in Tokyo. In 2017, original single tie in with company “RISM” was released. TOKYO GROOVE JYOSHI is her first own band. Emi studied under Philip Woo as known as “magician of keyboard” who performed with Whitney Houston, Roberta Flack and Stevie Wonder. She respects borderless musicians such as Bob James, Stevie Wonder, Tower of Power, Sting and Alicia Keys.

facebook / Twitter / Instagram

 

Juna Serita 芹田珠奈

芹田珠奈(Juna Serita)1994年生まれ。石川県出身。

ブルーハーツのストレートな曲に影響を受け11歳からギターを手に取り作曲を始める。17歳の時、楽器をギターからベースに変え、ベースボーカルのソロ活動ではOSM high school music campグランプリ、北陸インディーズバトルグランプリを獲得。18歳の時、韓国にて行われた野外フェスに招待されゲスト出演、3日間メインステージでパフォーマンスしその様子が現地TVで放送される。高校卒業後は給費制(学費免除)として音楽大学に入学しベースを櫻井哲夫氏(ex CASIOPEA)に師事。上京後すぐにハウスバンドの仕事を始め毎日夜から朝まで読譜力を鍛える。20歳からベース講師を始め教える楽しさを知り現在は多くの弟子を抱えている。ガールズバンド SORAMIMIを結成し4枚のシングル/2枚のアルバムをリリース。今注目の ガールズバンドとしてYahoo!News に取り上げられる他、テレビ神奈川の甲子園ニュースのテーマソングに「FREE BIRD」が選ばれる。Sonyから発売されているmotion sonicのテレビCMのベーシスト役に抜擢され生演奏レコーディング、s**t kingzを始めとした多数のダンサーと コラボする。Web Rock Magazine BEEASTによる次世代女性ミュージシャンNo1を決める投票式のコンテスト「俺の女神」にてベーシスト部門 1位を獲得。フジロックフェスティバル、NAON NO YAON、音霊フェス、YUYA UCHIDA NEW YEARS WORLD ROCK  FESTIVALなどのフェス に出演。米・アナハイムで行われる世界最大の楽器フェアNAMM SHOW 2017 / 2018 にてMatt Schofield , Tomo Fujita , Kirk Fletcher等のブルーズギタリストと共にデモンストレーションを行うなど、国内外で活動中。フィリピン・バギオに3ヶ月語学留学しその後ロサンゼスに滞在。学んだ英語を生かし多数の海外ミュージシャンとライブ、レコーディングで共演。キレのあるスラップが評価され、Will LeeやTal Wilkenfeldもエンドースメントを受けているSadowskyから出ているモデル、スラップに特化されたベース”SLAP MASTER”のエンドーサーとなる。2019年9月16日に自身のソロEP 「 The Princess of Funk 」をリリース。youtubeに公開したMVは1日で1,500回以上再生され注目されている。 9月16日 汐留ブルームード、 10月26日 横浜パラダイスカフェを始めとしたCDリリースツアーが決定している。

una Serita (Bass/Vocals)

Juna was born in Ishikawa in 1994. She started playing bass at 17 years old. She won many times at contests as a solo bass/vocal. She went to music collage as a scholarship student. Juna studied under Tetsuo Sakurai who is a member of major fusion band CASIOPEA. Her band “SORAMIMI” released four singles and two albums and performed at various festivals. Juna has joined many recordings and supported musicians both inside and outside of Japan. She also performed with blues guitarists such as Matt Schofield, Tomo Fujita and Kirik Fletcher at the world biggest instruments festival “NAMM SHOW 2017/2018” in Anaheim, California. Her sharp slapping was highly evaluated and became an endorser of Sadowsky’s bass “SLAP MASTER”. In 2019, she released her solo EP “The Princess of Funk”. Juna’s own YouTube channel has more than 10000 subscribers. Please visit her channel for the latest informations.

facebook / twitter / instagram / english blog / japanese blog / youtube /

 

YURIKO SEKI 関優梨子

関優梨子(YURIKO SEKI) 1993年生まれ。東京都出身。


兄の影響で3歳からピアノを始め、音楽に興味を持ち始める。
中高では吹奏楽部に入部し打楽器パートを担当した。
高校卒業後、日本工学院専門学校にドラム専攻で入学。
在学中に”モノレコード”というバンドを結成しインディーズデビューする。2017年3月に惜しまれつつも解散し後にドラマー”関優梨子”として  ソロ活動を始める。
20歳の時、トップセッションドラマー/音楽プロデューサーの
村石雅行氏に出会い、弟子入りする。
現在も村石氏の元でスタジオミュージシャンとしてのノウハウを学び、
アーティストのライブやレコーディングのサポートを精力的に行っている。
2017年8月にYouTube上で公開したPV映像は、わずか3ヶ月で20万回再生を記録する等、話題をよんでいる。ロックドラムを軸にソウル、ファンク、ジャズからメタルと何でもこなす対応力は高く評価されている。
個人youtubeチャンネルにてドラム初心者のためのサポート動画を公開するなど、教育者としての素晴らしい一面も見せる。

YURIKO SEKI (Drums/Vocals)

Yuriko was born in Tokyo in 1993. She started playing piano at 3 years old and has interested in music. She joined brass band club as a percussion for middle school and high school. After graduating from high school, she went to music college with drums major. While she was in college, she formed a band and made her indies debut. Since 2017, she has been working as a solo drummer. Her YouTube video of drum contest got 200000 views. Yuriko has been studying under pro session drummer/ music producer Masayuki Muraishi. She energetically joins recordings and supporting for musicians. Her drum skills of playing not only rock, but also any kinds of genre such as soul, funk, jazz and metal is highly recognized recently.

twitter / facebook / instagram / youtube

 

Koichi Kaneko 金子公一

金子公一(TGJプロデューサー)

1959年 東京生まれ
1982年フジテレビ入社
1986年NY支社に赴任。同年NY支社が米国法人化する。
ドラマのコーディネーター、CM制作プロデュース、現地情報番組プロデュース、音楽ドキュメンタリー番組制作、ラジオ番組制作、商品リサーチなど仕事は多岐に渡り約6年間NYに勤務。
1992年帰国。米国で見聞したアーティストマーチャンダイジングビジネスをフジテレビ事業局で立ち上げる。(米米クラブ、チャゲ&飛鳥、久保田利伸、ラッツ&スターなど)1996年マライアキャリーの初来日時に日本におけるMD権を取得し、テレビ通販も含めた日本で初めての外国人アーティストMDを成功させる。
1997年にフジテレビがお台場に移ってからは、 本格的な番組MDを展開しテレビ界における放送外収入の先駆者となり、一貫してライツビジネスを推進させた。ライツ開発局を新設し局長を務めた。
その後2011年にフジテレビの米国法人会社の編成、制作、営業担当副社長として二度目のNY赴任。

ビジネスとは別に学生時代から続けていたドラム活動ではbass : 中村照夫や guitar : Spaceman Pstterson、sax:Antoine Roneyなどの世界的なミュージシャンとの共演経験もある。
2013年に帰国後は新規事業開発プロデューサー、スポーツ局エグゼクティブプロデューサーを経て現在に至る。

facebook / blog